L-WAVEスポーツクラブの教育系キッズストリートダンススクール『クラブエクステンション』

トップページ > ダンスの教育的効果
Education
ダンス教育の教育的効果
現代の子供達に最も足りないものは「困難を乗り越える強い精神力」

近年、子供達の運動能力や学力の低下が度々メディアなどで取り上げられておりますが、長年子供達のスポーツスクール指導など教育現場に携わってきた我々が直に感じるのは、現代の子供達に最も不足していのるは困難を乗り越える強い精神力、つまり「心の体力が不足している」という数字やデータなど目には見えずらいものの、現代社会が抱える課題の一つとして早期に解決が求められる教育問題といえます。

2012年の学習指導要領改訂に伴う中学校でのダンス科目の必修化など、ダンス教育の効果としてコミュニケーション能力や自己表現能力、決断能力の開発など様々な教育的効果が注目されて来てはおりますが、学校教育の現場ではダンスを踊れない教員が困惑し、民間では果たして本当に子供達の心や発育発達段階を理解してダンススクールを運営しているスタジオはいくつあるのでしょうか。

CLUB EXTENSIONでは文部科学省後援事業者でもある一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACオフィシャルパートナースタジオとして、「ダンス教育で子供達のココロに体力を!!」を理念に、ダンス教育指導士および認定ダンス指導員資格を保持するプロのインストラクターが、本格的なストリートダンスを通してお子様の人間力を育みます。

ヒップホップダンスの研修に励む教職員の姿がニュースで流れる今、なぜダンスが必修科目に選ばれたのでしょうか?
現代的なリズムダンスの代名詞ヒップホップダンスとは?
ここで問題になるヒップホップダンスとはどのようなものなのか、簡単に説明します。 ヒップホップダンスはアメリカで生まれたストリートカルチャーの一つであるヒップホップミュージックに合わせて踊るダンスです。
本来のヒップホップは1970年代に盛り上がったブラック・カルチャーから生まれた音楽のことで、本来のヒップホップダンスはブレイクダンスのことを指しています。
現代におけるヒップホップダンスは、ブレイクダンスを内包したさまざまなジャンルがあり、その総称としてストリートダンスやヒップホップダンスと呼ばれています。
数あるダンスの種類の中でなぜヒップホップダンスにスポットライトが当たることになったのか?
「別にダンスを授業でやるのであれば社交ダンスでもいいじゃないか」と思う人も少なくないでしょう。 文部科学省がヒップホップダンスを通じて学んでほしいのはダンスを踊れる運動神経ではなく、「仲間とのコミュニケーション」なのです。
ヒップホップダンスは、社交ダンスやフォークダンスと違い三人以上の大人数で踊ることが当たり前でチームプレイが重視されるダンスです。 全員が同じ動きをする必要はなく、上手な子がセンター、ちょっと苦手な子がサイドというようにそれぞれにできることを分担して一つのパフォーマンスを作り上げる、そんな心配りや連帯感を養うことを期待しているのです。
(学校教育におけるダンスの授業においては『創作ダンス』『フォークダンス』『現代的なリズムのダンス』の中からいずれか一つを取り上げ指導することになっています。)
ダンスとは、幼児期~青年期における ・決断能力開発・自己表現能力開発
に大いに貢献する運動教育です。
子供たちがダンスを踊ることは、集中力や基礎体力がアップし、リズム感、表現力が身につき、さらに他の子どもたちと一緒にダンスをすることで、他人をいたわる心や思いやる心、社会性、自立した行動力などが身につくと言われており、近年新たな教育コンテンツとして注目されています。
『真似しながら踊ることが運動・学習に関係する脳領域に影響を与える』

子供の脳を鍛えるいちばん効果的な方法はとにかく体を動かすこと。 運動をすると、脳由来神経栄養因子(BDNF)と呼ばれる物質が盛んに分泌されます。
それによって、ニューロン(神経細胞)やその周りの脳血管が形成されるからです。
もちろん、勉強や音楽鑑賞、絵を描いたりすることでもニューロンは増えますが、最も効果が期待できるのは運動です。
また、運動神経やリズム感の能力開発は学力向上にも繋がるという事実が各方面で証明されており、「ワーキングメモリ(作業記憶=状況に応じて意味のある情報をキープしつつ決断する能力)」や、自分をコントロールするのに大切な自己制御力、他人との関係を円滑に行うための社会コミュニケーション力など、通常の授業科目ではうまく伸ばせない脳機能に良い影響をもたらします。学校の授業で習うことができないけれど、生きていくための基本となる、いわば「地頭」とも呼べる脳の機能です。その「地頭」の能力向上に「ダンス」は効果があるのです。
ダンスで賢い子が育つ
ダンスを習う事で気力や精神力・行動力や判断力・コミュニケーション能力や自己表現能力などの社会性が育まれ総合的な人間力が高まるだけでなく、脳への刺激が地頭や基礎学力向上にも良い効果をもたらします。
つまり、「賢い子」に育つのです。

賢いの「賢」は「賢者」の「賢」です。 ダンスでお子様の「心・技・体」+「知」を鍛えましょう!! お子様が「やりたい」「習いたい」と言った今がチャンスです!!
教育系キッズストリートダンススクールが札幌初上陸!!
Copyright (C) ECS PROJECT. All Rights Reserved.