L-WAVEスポーツクラブの教育系キッズストリートダンススクール『クラブエクステンション』

トップページ > ストリートダンスの種類
Street Dance
ストリートダンスの種類
ジャンル紹介
ストリートダンスは時系列に大きく分けて、オールドスクール・ミドルスクール・ニュースクールの3つに分類され 各カテゴリの中に様々なジャンルが存在します。
オールドスクール
Old School
ダンスで「オールドスクール」というと、ブレイクダンス、ポップダンス、ロックダンスのほか、
ソウルダンスやワッキング(パンキング)ダンスなど多種多様なジャンルの総称として使われている。
ブレイクダンス
テレビなどでもよく見かける背中や頭で床をクルクル回ったりするアクロバットなダンス。
ポップダンス
体の部分部分の筋肉を弾いて踊るメリハリのある動きが特徴。
ポップスタイル、アニメーション、ブガルー、ロボットダンスなどがこれに分類される。
ロックダンス
ロックとは、ロックンロールなどの“ROCK”ではなく、カギをかけるという意味の“LOCK”。
この言葉からもわかるとおり、身体の各部をカギをかけるかのように固定しピタっと止まり、また曲のリズムに合わせて急に動き出すことで流れを作るのがロックダンスの特徴。 身体の各関節や筋肉をコントロールしてキレのある動きで踊る人気ジャンルの一つ。
ソウルダンス
定義が難しく黒人のノリそのものであると言える。全てのストリートダンスの根源。
ワッキング(パンキング)ダンス
主に腕を鞭のように振り回したり、胸の前後のしなりやツイスト、腕を巻きつけるような動きが特徴的。
ミドルスクール
Middle School
1980年代後半~1990年代前半にかけて流行した、
テンポの早い打ち込みビートに合わせてノリで踊るステップダンスの総称。
時期的にちょうどオールドスクールからニュースクールへの変遷期にあたる。
ニュージャックスウィング
本来はヒップホップミュージックのジャンルの一つで、スピードの早い曲調に合わせて体全体を使ったダイナミックなステップを多用して踊るのが特徴で、ランニングマンなどの代表的なステップで構成される。
ニュースクール
New School
ニュースクールはミドルスクールやオールドスクールなどの各ジャンルを融合させ、
曲調やリズムにノッて踊る比較的現代的なダンス。
ヒップホップ
各ジャンルの基本を踏まえつつ、ヒップホップミュージックに合わせてより自由度の高い表現を目指す最も現在ポピュラーなストリートダンス。
ハウスダンス
多種多様のステップにスピンなどを織り交ぜ、リズミカルに時にめまぐるしいほどに踊るのがハウスのスタイル。
教育系キッズストリートダンススクールが札幌初上陸!!
Copyright (C) ECS PROJECT. All Rights Reserved.